2022.03.21

稲本潤一「辞める理由がない」。高橋陽一先生からの要求は日韓W杯ゴール後の指差しパフォーマンス

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

稲本潤一(南葛SC)インタビュー@後編

 1997年、当時最年少の17歳6カ月でJリーグデビューを果たし、1999年には「黄金世代」の主軸としてワールドユース(現U−20ワールドカップ)で準優勝を経験。その後、3度のワールドカップ出場やアーセナルを皮切りに海外クラブで9年間プレーするなど、トップランナーとして走り続けてきた。

 そんな稲本潤一も、今年9月で43歳となる。日本のサッカーシーンの中心で活躍してきた黄金世代も、次第にユニフォームを脱ぐ選手が増えてきた。だが、稲本は今シーズンもピッチに立つ。

 戦いの舞台は、Jリーグから関東サッカーリーグ1部へ。南葛SCの一員となった稲本が今季にかける想いを語る。

◆稲本潤一@前編はこちら>>「好きなキャラは翼くん。今の自分は松山くん。背番号8は井沢くんに...」

   ※   ※   ※   ※   ※

稲本潤一も「ボールは友だち」で育った世代稲本潤一も「ボールは友だち」で育った世代 この記事に関連する写真を見る ---- チームメイトには、普段は社会人として働いている選手も多いと思います。彼らとはどのようにコミュニケーションを取っているのですか。

「普通に接しますよ。プロではないと言っても、いろんなチームでやってきた選手ばかりですし、うまい選手もたくさんいます。カテゴリーが関東リーグというだけで、レベル的にはJ3でやれるくらいのチーム力はあると思いますよ」

---- Jリーグに行きたいというモチベーションの高さを感じますか。

「南葛は東京都リーグから、関東2部、関東1部と2年連続で上がってきているので、上がることに対するモチベーションがチームに根づいている感じがします。ただ、ここからJFLに上がるのが大変だということも聞きます。そのぶん、僕自身もモチベーションは高いです」

---- JFLに昇格するには、関東1部リーグで優勝して、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(全国CL)に出場し、そこで2位以内に入る必要があります。しかも、その全国CLは1次ラウンドが3日間連続、決勝ラウンドは中1日で3試合をこなすという超ハードスケジュールになります。