2022.03.24

J1は第5節終了で一時中断。川崎、横浜FM、鹿島、浦和……。今季注目チームの出来をチェック

  • 後藤健生●文 text by Goto Takeo
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

勝負強さを見せて首位の川崎

 日本代表の活動のために中断に入ったJ1リーグ。新型コロナウイルスの関係で中止となった試合もあり、またACL出場の4チームに関しては前倒し開催の試合もあって、各チームの消化試合数にバラつきはあるものの、史上2度目の3連覇を狙う川崎フロンターレが早くも首位に立った。

勝負強さを見せて今季もスタートダッシュ成功の川崎フロンターレ勝負強さを見せて今季もスタートダッシュ成功の川崎フロンターレ この記事に関連する写真を見る  その川崎を追うのは、3年前に優勝し、昨年も準優勝だった横浜F・マリノス。横浜FMは直接対決でも川崎に完勝しており、今シーズンもこの両チームの争いとなりそうな展開だ。

 川崎フロンターレはシーズン開幕を告げる富士フイルムスーパーカップで浦和レッズに敗れ、開幕節ではFC東京に辛勝。そして、続いて行なわれた横浜FM戦では2-4と完敗と「前途多難」を思わせた。

 三笘薫、田中碧、旗手怜央がいた昨年前半、「1試合3ゴール」ペースで圧勝していた頃と比べれば明らかに破壊力は落ち、ジェジエウの故障などもあって相手のスピード攻撃に対する脆さも露呈した。

 しかし、その後はガンバ大阪戦では後半追加タイムに追いつくなど持ち前の勝負強さを発揮。中断前には前倒し分を含めて7試合を消化して勝点は16。2位の横浜FMに勝点4の差をつけて首位に立っている。

 新加入のチャナティップが試合ごとに自らのストロングポイントを生かせるようになり、また中村憲剛の「14」を継承した脇坂泰斗が攻撃を組み立て、家長昭博は絶好調を維持。守備陣でもジェジエウの代役の山村和也も安定感を増した。さらに、左サイドバックの登里享平が故障したものの、新戦力の佐々木旭があっという間にチームに馴染んできた。

 毎年のことだが、新加入の選手がすぐにチームに融合できるところがこのチームのすごさだ。昨年、新加入で急成長したのは橘田健人。俊足のボランチとして今季もすばらしい働きをしている。

 スタートでは苦しんだものの、川崎の戦力はさらに上がってくるはず。今季も川崎中心の争いとなる可能性が高い。