中村憲剛×佐藤寿人の提言。コロナ禍の今こそクラブがやるべきことは

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

佐藤 エンタテインメントですからね。面白いと思ってもらえるものを、どれだけ作れるか。試合で魅せるというのはもちろんですけど、勝ち負けがありますから。たとえ負けても、そのチームに対して興味があるとか、応援したいという流れを作らないと、なかなか発展できないですよ。常に勝ち続けることなんて、不可能ですからね。

中村 さすが、いい意見。それぞれの立場でJリーグがよりよい方向に向かように考えていきましょう。

(第2回につづく)


【profile】
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ、東京都小平市出身。久留米高校から中央大学に進学し、2003年にテスト生として参加していた川崎フロンターレに入団。2020年に現役を引退するまで移籍することなく18年間チームひと筋でプレーし、川崎に3度のJ1優勝(2017年、2018年、2020年)をもたらすなど黄金時代を築く。2016年にはJリーグ最優秀選手賞を受賞。日本代表・通算68試合6得点。ポジション=MF。身長175cm、体重66kg。

佐藤寿人(さとう・ひさと)
1982年3月12日生まれ、埼玉県春日部市出身。兄・勇人とそろってジェフユナイテッド市原(現・千葉)ジュニアユースに入団し、ユースを経て2000年にトップ昇格。その後、セレッソ大阪→ベガルタ仙台でプレーし、2005年から12年間サンフレッチェ広島に在籍。2012年にはJリーグMVPに輝く。2017年に名古屋グランパス、2019年に古巣のジェフ千葉に移籍し、2020年に現役を引退。Jリーグ通算220得点は歴代1位。日本代表・通算31試合4得点。ポジション=FW。身長170cm、体重65kg。

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る