城彰二のJ1順位予想。優勝はACLがないチーム。フロンターレは何位?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 18位以降は三つ巴。昇格組のアビスパ福岡はJ2で数的優位をつくってうまく守っていたが、個の能力の高いJ1でそれが通用するか。徳島ヴォルティスは新監督就任でチームも新しくなるなか、その監督が来日できていないのは痛すぎる。スタートから厳しい戦いは免れないか。

 湘南ベルマーレは主力が毎年のように抜かれていくクラブではあるが、さすがに今季はあまりにも引き止めができなかった。経験値のある選手は補強したが、果たして戦術でどこまで戦えるか。

 今季もコロナ禍でレギュレーションの変更などがあり、それによってリーグの状況が変わってしまう可能性がある。

 さらに選手目線では、無観客か、有観客かなのかも大きな問題だ。選手からは無観客はさすがに厳しいという声をよく聞いている。試合のテンションとしてもクラブ運営としてもお客さんのいる環境で開催し、面白いリーグ戦になってほしいと願っている。

城彰二
じょう・しょうじ/1975年6月17日生まれ。北海道出身。鹿児島実業高校から、ジェフユナイテッド市原(現・千葉)でプロデビューし、その後、横浜マリノス/横浜F・マリノス、スペインのバジャドリード、ヴィッセル神戸、横浜FCでプレー。日本代表では96年アトランタ五輪や、98年フランスW杯の主力FWとして活躍した。2006年に引退後は、指導者、解説者として活動中。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る