2021.02.15

佐藤寿人にあった幻の移籍話。「家族以外、誰にも言っていない」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

佐藤寿人インタビュー@後編

 2003年と2007年。異なるクラブで2度のJ2降格を経験した佐藤寿人だったが、その悔しさと、エースとしての責任を背負い、そこからストライカーとしての能力をさらに研ぎ澄ませていくことになる。

 2008年にはJ2とはいえ、28ゴールをマークして1年でのJ1復帰の立役者となり、2009年にはJ1で15得点を奪って、サンフレッチェ広島のクラブ史上初となるACL出場権の獲得にも貢献した。

「佐藤寿人インタビュー@前編」はこちら>>

佐藤寿人氏に引退後の活動について聞いた そして2012年には、森保一監督の下でJ1初優勝。自身は22ゴールを挙げ、得点王とMVPに輝く活躍を見せた。さらに2013年には連覇を成し遂げ、2015年には3度目の優勝も手にする。まさに右肩上がりのキャリアを築いていった。

 もっとも佐藤自身は、「全然、順調だったわけではないですよ」と当時を振り返る。栄光の日々の裏にも、人知れず苦しんでいたというのだ。

 2010年には「キャリアで一番大きいケガ」により、2カ月間戦列を離れた。ペトロヴィッチ体制最後の年となった2011年には、李忠成の台頭もあって自身は11得点と満足のいく結果を残せなかった。

「出場機会が奪われたわけではなかったんですが、得点の数が減ったので、はたから見たら、これから下降線をたどっていくと思われていたかもしれない。あの時はもう30歳の手前だったので、そういう見方をされているのは、ひしひしと感じていました」

 そしてその年のシーズンオフ、佐藤は初めての減俸を経験する。クラブの経営状態がよくないことは理解していたが、広島に移籍以降、毎年ふたケタ得点をマークしてきた自負があっただけに、厳しい現実を思い知った。

「厳しいな、とは思いましたよ。ふたケタ取っていたので。ほかのクラブの選手にも『そんなことあるんですか』って驚かれたくらい(笑)。

 もちろん、ミシャ(ペトロヴィッチ監督)との契約を更新できないほどクラブの経営が厳しかったのはわかっていましたし、実際にクラブからもパフォーマンスの評価だけではないとも言われました。でも、チームのなかでは減額されていない選手もいたわけで、評価が下がっていることは感じていました」