2021.02.15

佐藤寿人、挫折と屈辱もあった21年。「正直、ひどい監督だと思った」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

佐藤寿人インタビュー@前編

 J1通算161得点は、大久保嘉人(現・セレッソ大阪)に次いで歴代2位。J2、リーグカップ、ACL、日本代表などすべての公式戦を含めれば、276のゴールを積み上げている。

 3度のリーグ優勝、得点王、MVPなど、チーム・個人含め数々のタイトルを獲得した偉大なるストライカーが、2020シーズンをもって21年にわたる現役生活に幕を下ろした。

21年間のプロ生活にピリオドを打った佐藤寿人氏21年間のプロ生活にピリオドを打った佐藤寿人氏  輝かしいキャリアの一方で、その道のりは決して平坦だったわけではない。本人曰く、「幸せな21年間」は挫折と苦闘の21年間でもあったのだ。

 佐藤寿人がプロの世界に足を踏み入れたのは、2000年のこと。双子の兄・勇人とともにジェフユナイテッド市原(現・千葉)のユースからトップチームに昇格を果たした。

 しかし、1年目は8試合に出場したのみで、得点はなし。2年目に初ゴールこそ記録したものの、レギュラーを脅かす存在とはなれなかった。いきなり味わったプロの洗礼。しかし、佐藤は試合に出られない悔しさ以上に、自身の力不足を痛感していた。

「あの時は悔しさというより、単純に力がなかったですね。チームの力になれる選手ではなかった。やっぱりプロの世界で生きてきた守備の選手って百戦錬磨の人ばかり。18、19歳の選手がバンバン点を取れるほど甘い世界ではなかったですね」

 そこで佐藤はプロ3年目の2002年に、J2へ武者修行に出ることを決断する。

「J2に行って、実戦を積んで、そのなかで成功体験を掴んで、ジェフに戻ろうと」

 行き先は、前年にJ2に降格したセレッソ大阪。大分トリニータ、大宮アルディージャからのオファーもあったというが、U−20日本代表時代に指導を受けた西村昭宏監督の存在がC大阪行きの決め手となった。

 もっとも、移籍を決めたあとに、予想外の出来事が起こる。C大阪には森島寛晃、ひとつ年下の大久保嘉人と、すでに前線にタレントが揃っていたのに加え、開幕前にプレミアリーグのボルトン・ワンダラーズから西澤明訓の復帰も決定。さらにボスニア・ヘルツェゴビナ代表のトゥルコビッチも加わった。