2021.02.15

Jリーグで勝利数の多い日本人監督の共通項。戦術優先ではなかった

  • 後藤健生●文 text by Goto Takeo
  • photo by Getty Images

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
Jリーグ監督列伝(1)

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を、開幕まで随時配信していきます。今回は「Jリーグ監督列伝」。長い歴史のなかで実績を積み上げた、日本人監督たちを取り上げます。

◆ ◆ ◆

<たくさん勝っている監督>

  J1での通算最多勝利記録を持つのが、前日本代表監督の西野朗(現タイ代表監督)だ。その記録はなんと270勝! 2位の長谷川健太(FC東京監督)が昨年10月にようやく200勝に達したところ(現在204勝)なのだから、「270」という数字がいかに破格のものかわかるだろう。

J1通算勝利数1位の西野朗監督(写真右)と2位の長谷川健太監督(同左)J1通算勝利数1位の西野朗監督(写真右)と2位の長谷川健太監督(同左)  2002年から10シーズンにわたってガンバ大阪を指揮して日本有数の強豪に育て上げ、その間にJ1をはじめ、天皇杯、ナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)などのタイトルを獲得。さらに、08年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も制覇してクラブワールドカップに出場。準決勝ではあのマンチェスター・ユナイテッド相手に撃ち合いを演じて3-5で敗れはしたものの、当時のヨーロッパ最強クラブ相手に3ゴールを奪って世界を驚かせた。

 また、96年にはU-23日本代表を率いて28年ぶりに五輪予選を突破。アトランタ五輪本大会でもブラジルを破るという快挙を成し遂げた。そして、18年にハリルホジッチ監督解任を受けて代表監督に就任し、わずか3カ月後に開かれたロシアW杯ではラウンド16に進出して、強豪ベルギーと激しい撃ち合いを演じたことは記憶に新しい。

 マンチェスター・ユナイテッドやベルギー代表といった相手にも、臆せず撃ち合いに出るあたりが「攻撃的」として知られる西野の真骨頂だ。