2021.02.14

大黒将志が語る点取り屋の極意「DFが見失うタイミングをわかっている」

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

「いつ現役を辞めてもいいように、指導ライセンスをとるなど、準備はしていました。そこからまだまだ、現役がつづいたんですけど(笑)。教えるのは好きですし、自主トレで履正社高校(大阪府)にお世話になっていた時も、監督やコーチの迷惑にならへん程度に、もうちょっとこうしたほうがいいよとか、選手にアドバイスしていました。僕にとって教えるのはすごく楽しいことで、好きなんですよね」

 30代に入り、キャリアを重ねるうちに、所属チームで若手選手にアドバイスする機会も増えていったという。「点を取るためには、いいパスが必要なんで、パサーにはかなり細かく教えました。京都サンガF.C.の時は工藤浩平、栃木SCでは岡﨑建哉。ほかにもたくさんいます。俺にパスを出せば、ゴールを決めるから。お前はアシストがたくさんつく。1年後には違うチームに引き抜かれるようになるから、俺にパスしろって(笑)」

 冗談めかして言うが、工藤も岡崎も、大黒とのホットラインでアシストを量産し、実際に上位カテゴリーのチームに引き抜かれている。まさに有言実行である。彼らに対する大黒のアドバイスは、理詰めで細かい。

「たとえば、ボランチがボールを持っていたとして、ボールを置く位置が悪いと、僕が欲しいタイミングでパスを出せないことがあるんです。僕は、マークしてくるDFが自分を見失うタイミングをわかっているので、パスを出す選手はその瞬間を見逃さないところにボールを置いて、パスを出せるようにしてほしい。サイドバックも同じで、日本代表だったらウッチー(内田篤人)や加地(亮)くんとか、石川竜也さんとかは、何も言わずにそこにボールを置いてくれますけど、そういう選手ばかりじゃないんで」

 さらに、こうつづける。

「まず、良い場所にボールを置けと。そうじゃないと、こっちも動き出されへんからって。(パスの出し手と受け手の)タイミングを合わせる必要があるので、この位置にボールを置いて、たとえば巻いた質のボールを出してくれとか。そうしたら、マークしているDFはかぶるから、俺はシュートを打てる。ゴールに入るかどうかは俺次第なんですけど、入るはずやから出してくれと言って、何度も練習しました」