2019.07.28

イニエスタが人生初のバルサ戦で
示した人間性。「自分は幸運」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 7月27日、ノエビアスタジアム神戸。ヴィッセル神戸がバルセロナを迎えた試合後、表彰式が行なわれていた。ピッチ脇に佇むアンドレス・イニエスタ(35歳)は、誰よりも質素で飾り気もなかった。裸足にサンダル。細身で、そのふくらはぎは杖のように細い。後ろに手を組み、ゆったりした立ち姿は、世界有数のサッカー選手というより小さなお寺の住職のようにも映る。黄色のビブスは8番だった。

バルセロナ守備陣に切り込むアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) セレモニーが終わると、ひとつの現象が起きた。

 世界に冠たるバルサの選手たちがこぞって列をなし、イニエスタに挨拶をしに向かう。ひとりひとり、順番を守りながら、言葉を交わし、抱き合い、礼を尽くした。それはスターのサイン会、あるいは寺社に参拝する光景にも近かった。最後に元チームメイトであるセルジ・ロベルトは記念撮影をせがみ、イニエスタはにっこりとツーショットで収まっていた。

 やはり、イニエスタはイニエスタである。まさに、それを感じさせる夜だった。

 イニエスタは16シーズンにわたって、バルサひと筋でプレーしている。下部組織のラ・マシアで育ったことを考えれば、”バルサの権化”と言っても過言ではない。UEFAチャンピオンズリーグ4回、リーガ・エスパニョーラ9回、スペイン国王杯6回、FIFAクラブワールドカップ4回と、あらゆるタイトルを手にし、その間、スペイン代表としてワールドカップ、欧州選手権も制覇した。

 英雄的な足跡を残したイニエスタが、バルサを相手に戦ったとき、どのような感覚になったのだろうか。

「バルサを相手に戦うということは、奇妙で不思議な感覚だったよ」

 人生初のバルサ戦後、イニエスタはスペイン人報道陣の質問にそう答えている。

「仲間ではなく、敵だからね。でも、楽しむことができたし、雰囲気を味わえたと思う。いったん試合が始まったら、いろんなことは忘れて、いいプレーをすることだけを心がけた。神戸のプレーも悪くはなかったと思う。スペシャルな日になったね。とても満足しているよ」