2019.04.29

理想と現実の間で揺れる松本山雅。
反町監督に託された難しいかじ取り

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 素直に脱帽するしかない。そんな内容の試合だった。

 J1第9節、松本山雅FCはFC東京とアウェーで対戦し、0-2で敗れた。

 前節終了時点で10位の松本に対し、無敗で首位を走るFC東京。順位が示すとおりの力の差と言ってしまえばそれまでだが、松本はほとんど何もさせてもらえないまま、苦杯をなめることとなった。

首位のFC東京相手に成す術がなかった松本山雅 この試合の主役は、間違いなくFC東京の17歳、MF久保建英だった。小柄なレフティがボールを持ち、多彩なテクニックとアイデアを披露するたび、松本の選手たちは”道化役”を演じるはめになった。

 だが、DF田中隼磨が「警戒すべき選手は(久保以外にも)たくさんいる。相手のストロング(強み)を出させてしまった」と振り返ったように、松本は決して久保ひとりに振り回されたわけではない。FW前田大然が語る。

「(FC東京は)強かった。前にボールがほとんど入らなかった」

 前線でカウンターの機会をうかがっていた前田だが、しかし、どれほど際立った俊足であろうと、その足もとにボールが届かなければ、成す術がない。

 田中は「個の能力で勝てなければ、チームで戦わなければいけない」とも話したが、選手個々の能力差に加え、選手個々の特長を踏まえたうえで、チームとしてどう戦うかという点においても、FC東京のほうが明らかに上だった。

 両チームの力の差が最も顕著に表れていたのは、守備から攻撃へと切り替わる局面である。

 松本は、FC東京の攻撃をある程度制御することに成功していた。うまくパスをつながれることもあったが、それほど多くの決定機は作らせなかった。

 しかし問題は、相手の攻撃を止めたあと、である。

「奪ったボールが(前線に)収まらない。(相手の)プレッシャーがないときにも、ヘッドダウンしてしまう。ずっと言っていることだが、なかなか改善されない」

 反町康治監督がそう話すように、松本は奪ったボールを攻撃につなげようとしたところで、ボールを失うことが目立ち、逆に自らピンチを招くことが少なくなかった。