2019.02.22

J1新シーズン展望。福田正博が注目する6クラブの戦力を分析

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro photo by Fujita Masato

福田正博 フットボール原論

 いよいよ新シーズンが開幕するJリーグ。今季も優勝候補の川崎フロンターレ、前回分析したヴィッセル神戸など、各チームが激戦を繰り広げる。外国籍選手の出場枠の増加など、ルール変更もあった群雄割拠の今季、福田正博氏が注目するクラブの戦力分析する。

 新シーズン到来を告げる『富士ゼロックススーパーカップ』は、川崎フロンターレが1-0で天皇杯王者の浦和レッズに勝利して初優勝。ロンドン五輪の得点王になった元ブラジル代表FWの新戦力、レアンドロ・ダミアン(←インテルナシオナル)がゴールを決めたことも、川崎にとっては幸先よいスタートとなった。

ゼロックススーパー杯で初優勝した川崎フロンターレ リーグ3連覇とアジアチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を見据える今季の川崎は、レアンドロ・ダミアンのほかに、右SBにマギーニョ(←ヴィラ・ノヴァ)を獲得。DFラインには、ジェジエウ(←パラナ・クルーペ)や、中盤とDFができる山村和也(←セレッソ大阪)などを補強した。各ポジションにレベルの高い選手を補強したことでバックアッパーは充実した。

 川崎のサッカーはコンビネーションを重視するスタイル。そのため新加入の選手がチームにハマらないケースもある。新加入選手がひとりでもスタメンとして計算できるようになれば、戦力アップとしては相当に大きなものをもたらすとも言える。

 そうしたチームだからこそ、今季は(齋藤)学には注目している。右膝前十字靭帯損傷の大ケガから復帰した昨シーズンは、コンディション面の問題もあったとは思うが、川崎のスタイルにフィットできなかった。能力は疑いようのないものだけに、彼のドリブルがチームの戦い方の幅を広げる武器になるのか、シーズンを通じて見届けたい。