2019.02.18

J1神戸を福田正博が分析。「超一流攻撃陣を生かすために必要なもの」

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro photo by Matsuoka Kenzaburo

福田正博 フットボール原論

 新しいシーズンの開幕を迎えるJリーグ。今季注目度ナンバーワンクラブは間違いなくヴィッセル神戸だ。イニエスタ、ビジャ、ポドルスキという世界クラスの選手をそろえる戦力で頂点を目指すクラブを、福田正博氏が分析した。

 一昨年はルーカス・ポドルスキ、昨年はアンドレス・イニエスタという、ふたりのW杯優勝経験者を獲得した神戸だが、今季は新たにダビド・ビジャ(前ニューヨーク・シティ)を戦力に加えた。ビジャは、スペイン代表として歴代最多の59ゴールを記録し、EURO2008と2010年W杯南アフリカ大会で得点王に輝いてスペイン優勝の立役者となった世界的ストライカーだ。

昨シーズン途中から神戸に加入したイニエスタ イニエスタとポドルスキ、そしてビジャという世界に名だたる選手を擁するチームへの興味や関心が集まるのは当然のこと。キャンプでもそれは如実に表れていた。

 神戸は1月24日から2月5日までロサンゼルスで1次キャンプを張った後に、2月10日からの3日間は沖縄県国頭郡の金武町フットボールセンターで2次キャンプを行なったが、その初日に詰めかけた観客数は約4,000人いたそうだ。