2019.02.21

5人の識者が渾身の大予想。
今シーズンの「J1全順位」はこうなる

  • photo by Kishimoto Tsutomu/PICSPORT

川崎の3連覇へ太鼓判は押せないが、
鹿島はじめ、他クラブの追い上げも乏しく…

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 川崎フロンターレ
2位 鹿島アントラーズ
3位 ヴィッセル神戸
4位 ガンバ大阪
5位 FC東京
6位 清水エスパルス
7位 名古屋グランパス
8位 横浜F・マリノス
9位 浦和レッズ
10位 北海道コンサドーレ札幌
11位 セレッソ大阪
12位 サガン鳥栖
13位 湘南ベルマーレ
14位 サンフレッチェ広島
15位 ジュビロ磐田
16位 ベガルタ仙台
17位 大分トリニータ
18位 松本山雅FC

 昨シーズンの予想で最下位とした広島が2位。FWパトリックの活躍はまさに想定外だった。外国人選手、とりわけストライカーが爆発すると成績は急上昇する。

 この前例に従うと、ゼロックススーパーカップで決勝ゴールを決めたFWレアンドロ・ダミアン(インテルナシオナル/ブラジル→)を加えた川崎が「いい補強をしたかな」という印象。しかし、2シーズン連続優勝し、巨額の賞金を手にしたチームの目玉選手としては小者。もっと大物を連れてこないとJリーグは盛り上がらない。

 川崎はその一方で、DFエウシーニョを清水に持っていかれた。その代わりに獲得したマギーニョ(ヴィラ・ノヴァ/ブラジル→)が代役をこなせるか、かなり疑問だ。サイドバックが優秀なチームが勝つ、という概念に従えば、3連覇に太鼓判は押せない。鹿島との差は昨季より詰まると見る。

 だが、その鹿島も名サイドバック西大伍を神戸に放出。これは痛手になるはずだ。さらに言えば、外国人選手も小粒だ。選手層が厚いので大崩れはしないだろうが、川崎同様、外国籍選手の新たな登録・出場枠制度を最大限に活用できていない印象があって残念でならない。

 Jナンバー1の”金満クラブ”浦和レッズもしかり。浦和について言えば、サッカーも守備的で後ろ向きだ。昨季より順位を下げそうな気がする。

 神戸は選手層が薄いので、優勝は難しいと思うが、その浦和を上回りそうな予感。”金満クラブ”ナンバー1の座を奪取しそうだ。

 クラブの雰囲気に相変わらず”緩さ”を感じる東京は従来どおり。名古屋は外国人枠増の恩恵を受け、順位を上げそうだ。

 堅調と思われるのは、清水。若手が多く、監督采配も上々。エウシーニョも加わった。一昨年までのような降格争いに絡むことはないだろう。

 対照的なのは、磐田。入れ替え戦を経験した昨季と状況が変わっているようには見えない。昨季2位の広島も、その後半戦の戦いを見る限り上位争いは難しそうか。

 穴は昨季後半、群を抜く安定感を見せたG大阪。FWファン・ウィジョは得点王候補だろう。危ういムードが漂うのは、仙台。J2からの昇格組、大分、松本も苦しそうだ。