2019.02.20

FC東京・室屋成は変わった。
「無心」で代表レギュラーの座も狙う

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 2016年夏のリオ五輪や、2017年12月のE-1選手権でミスを引きずったナイーブな姿は、そこにはなかった。

 そこにあったのは、攻守において自信をみなぎらせ、相手とわたり合う力強い姿だった。

室屋成は昨季、第7節・鹿島戦でのスーパーゴールで自信を深めた 準優勝に終わった今年1月のアジアカップで、FC東京室屋成は2試合に出場した。

 初先発となったウズベキスタンとの第3戦では、相手の左サイドバックに向かってドリブル突破を何度も仕掛け、ピンポイントのクロスで武藤嘉紀(ニューカッスル・ユナイテッド)のゴールをアシスト。酒井宏樹(マルセイユ)の負傷によって急遽途中出場したイランとの準決勝でも、相手の左ウイングと丁々発止のバトルを繰り広げ、簡単に突破を許さなかった。

 以前はナイーブな面をのぞかせることもあったのに、A代表として初めて出場した国際大会ではなぜ、堂々とプレーできたのか――。

 UAEの強い日差しを浴びながら、室屋はきっぱりと言った。

「この1年で、サッカーに対する考え方やモチベーションの作り方を変えたんです」

 そのきっかけは、約1年前、2018年シーズンの序盤にあった。

 昨シーズン、FC東京で長らく右サイドバックを務めた徳永悠平がV・ファーレン長崎に移籍したため、前年末に代表デビューを果たした室屋が不動のレギュラーになると思われた。実際、室屋自身も「悠平さんがいなくなったことで、現実的に自分が試合に出ることになる。悠平さんが出ていた場所で、自分がしっかりやらないといけないって思っていました」と、シーズン前には強く決意していたという。

 ところが、「バランスを意識しすぎてしまって」、長谷川健太新監督を満足させられないでいると、第4節の湘南ベルマーレ戦、第5節のガンバ大阪戦では、プロ2年目でセンターバックが本職の岡崎慎にスタメンの座を奪われてしまう。

 この扱いが、室屋のハートに火をつけた。

「実は、この頃だけでなくプロに入ってから、『自分のよさが出せてないな』と感じていたんです。それで『バランスを考えすぎた結果、ベンチになるんだったら、自分らしいプレーをしよう』って。『仕掛けまくって、それでもダメで、このチームを出て行くことになるなら仕方がない。考えすぎず、もう無心でプレーしよう』と」