プレーオフでこそ生きる、
東京ヴェルディの「0-0のメンタリティ」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Masashi Hara/Getty Images

 だとすると、次のジュビロ磐田との最終決戦、すなわち、J1参入プレーオフ決定戦もどんな結末を迎えるかわからない。

 試合は磐田のホームゲームで行なわれ、引き分けの場合は磐田がJ1残留。そんな規定ばかりでなく、客観的に戦力を見比べても、磐田有利は動かしがたいのは事実だが、それゆえ、磐田が平常心で戦うのは難しいとも言える。まして0-0のまま、試合が終盤までもつれれば、なおさらだろう。

 0-0のメンタリティ。今季のプレーオフで猛威を振るう、その武器が最大限に生かされる展開になるようなら、波乱が起きる可能性は十分にある。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る