浦和に完敗してもなお、サガン鳥栖のイタリア人指揮官は自信満々

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Yamazoe Toshio

 数字にはなりにくい力を、ロジカルに戦術に落とし込んでいるのが、フィッカデンティ監督と言えるだろう。

「前からの強度の高いプレッシング」「ポゼッションの向上」「攻撃時のポジショニングと二次三次攻撃」。開幕前のキャンプから叩き上げてきた練度は、確実に高まっている。それは例えばFWムスタファ・エル・カビルがサボるだけで破綻する可能性もあるわけだが、起用する選手の特性に合わせ、微調整できるところまで達しつつある。

「残り6試合、戦っていける」

 イタリア人指揮官は思いのほか陽気に言い、カテナチオやJリーグの現状についての講演のように饒舌だった。その明るさは自信の手応えだろうか。チームの戦闘意欲が衰えていないことだけは間違いない。

■Jリーグ 記事一覧>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る