ヒントは浦和にあり。福田正博が提案する「日本らしいサッカー」

  • photo by Getty Images

 それでも今後、岡崎や本田圭佑、香川たちのように海外で活躍していく選手が、育成年代から日本人の特長を生かした「精緻なポジショニング」と「パスワーク」を生かす「ポゼッションサッカー」で育っていけば、日本らしいチームが生まれる可能性があるのではないか。

 一朝一夕にできることではないが、時間をかけて日本らしいスタイルのベースを築いていくこと。それが、これまで以上にこれからの日本サッカーに必要になると私は考えている。

>>「ポゼッションサッカー」「カウンターサッカー」について読む

プロフィール

  • 福田正博

    福田正博 (ふくだ・まさひろ)

    1966年12月27日神奈川県生まれ。176cm。日本リーグ時代、三菱(現・浦和)に入団し93年からJリーグへ。95年50試合32得点で、日本人初のJリーグ得点王に。日本代表45試合9得点。02年現役引退。S級ライセンス取得後、2008年から浦和レッズコーチに就任。現在はサッカー解説者として『S☆1』(TBS)など各媒体で活躍。

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る