イタリア人新指揮官が、サガン鳥栖にガッチリかけた鉄壁の錠前

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Kyodo News

「開幕への意気込み? 私はどんなときも平常心で戦う。この世界にいる人間はそういう気持ちの変化などあってはならない」

 イタリア人監督は口の端を上げ、自信を見せた。その威勢の良さは、メディアを通じてチーム全体に暗示をかける意図もあるのだろう。

<何も心配ない。すべてうまくいっている>

そう確信させ、勝利のためだけにプレーさせる。

 はたして、イタリア人指揮官の暗示は確信に近づいたのか。2月27日、鳥栖は本拠地に昇格組のアビスパ福岡を迎える。

サガン鳥栖記事一覧>
Jリーグ記事一覧>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る