【育将・今西和男】松田浩「本当はサッカーより、海が好きな人」

  • 木村元彦●文 text by Kimura Yukihiko   photo by AFLO

「帰国して妻と一緒にすぐに長崎に行って、弟の葬式を行ないました。そのときに弟の友人たちから寄せられた追悼の文章を読むにつれて『ああ、こいつはこんないい男になっていたんだ。俺はこいつのことを何も知らなかったんだな』と思い至ったんです。僕よりも妻に心を開いていたようで『そうだよ。剛くんはそういう子だったんだよ』と妻も言ってくれました。辛かったですが、香港のあの夜の今西さんの恩は忘れられないですね。やっぱり大きな恩師ですね。
 
 そして、よく釣りやキャンプなど、アウトドアでも遊んでもらいました。すごくいい顔して、遊ばれるんですよ。僕は、今西さんは本当はサッカーの世界に戻りたくなかったんじゃないかと思うんです。仕事して、素潜りして魚を突いたり、サザエを獲ったり。でも、自分を犠牲にして日本サッカーのために尽力された。そのおかげで、個人的にも広島で数多くの優秀な外国人コーチから学ぶ機会を得られた。本当にありがたかったです」 


育将・今西和男 記事一覧>>

【profile】
今西和男(いまにし・かずお)
1941年1月12日、広島県生まれ。舟入高―東京教育大(現筑波大)-東洋工業でプレー。Jリーグ創設時、地元・広島にチームを立ち上げるために尽力。サンフレッチェ広島発足時に、取締役強化部長兼・総監督に就任した。その経験を生かして、大分トリニティ、愛媛FC、FC岐阜などではアドバイザーとして、クラブの立ち上げ、Jリーグ昇格に貢献した。1994年、JFAに新設された強化委員会の副委員長に就任し、W杯初出場という結果を出した。2005年から現在まで、吉備国際大学教授、 同校サッカー部総監督を務める

松田 浩(まつだ・ひろし)
1960年9月2日、長崎県生まれ。長崎北高、筑波大を経て、1984年マツダに入団。1993年Jリーグが開幕し、サンフレッチェ広島でプレー。1994年1stステージ優勝を経験した。1995年ヴィッセル神戸に移籍し、1996年現役を引退。2002年ヴィッセル神戸のコーチ時に、川勝良一監督がシーズン途中に解任されて後任に。チームを立て直して、J1残留を決めた。その後、アビスパ福岡、ヴィッセル神戸、栃木SCで指揮を執った。現在は日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチを務めている


4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る