谷口彰悟が目の当たりにした大久保嘉人のすごさ「DFよりも先にボールに触れるのには、明確な理由があった」

  • text by Harada Daisuke

【連載】
谷口彰悟「30歳を過ぎた僕が今、伝えたいこと」<第18回>

◆【連載・谷口彰悟】第1回から読む>>
◆第17回>>「チームメイトの意識はホリデーに気持ちが向いていた」」

 2014年から川崎フロンターレでプレーすることになった谷口彰悟は、プロの高いレベルをチームメイトから学ぶことになる。日々の練習から肌で実感したなかでも、特に衝撃を受けたひとりが9歳年上の大久保嘉人だ。

 出会った当時の大久保は31歳。日本代表も海外クラブも経験し、2013年から3年連続J1リーグ得点王に輝くなど、まさにストライカーとして脂の乗りきった時期。当時22歳の谷口は、フロンターレを牽引する"エース"から何を学んだのか。

   ※   ※   ※   ※   ※

大久保嘉人(右)とは3シーズン半ともにプレーした photo by AFLO大久保嘉人(右)とは3シーズン半ともにプレーした photo by AFLOこの記事に関連する写真を見る パリ五輪への出場権をかけたAFC U-23アジアカップがカタールで開催されていたこともあり、大会前にはU-23日本代表を激励する機会に恵まれた。※谷口は現在カタールリーグのアル・ラーヤンSCでプレーしている

 個人的には挨拶だけのつもりで顔を出したが、日本代表のスタッフから、年齢の若い選手たちに響く言葉があるはずだからと背中を押されて、おこがましくもみんなの前で話をさせてもらった。

 大会では何が起こるかわからないこと、そのうえで、大会では出場機会を得られる選手、得られない選手が出てくること、だからこそ常に準備をし続ける大切さについて伝えた。

 それは2022年のカタールワールドカップや先のAFCアジアカップで、自分が感じた経験でもあった。内容としては当たり前のことを言っただけにすぎないが、選手たちはそれぞれ何かを感じ取ってくれた表情をしていた。その目を見て、話をする機会を設けてもらえてよかったと実感した。

 その場では、ほんのわずかな時間ではあったが、川崎フロンターレ時代の後輩である高井幸大と話す機会もあった。

 会話としては、「調子はどう?」と聞くと、「調子はめっちゃいいです。いけます」といった、たわいもない雑談をしたくらい。でも、その返答から、あいかわらずの幸大の面白さと、大舞台にも物怖じしない性格に、大会での活躍を想起させてくれた。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る