2022.07.13

中村憲剛&佐藤寿人が語る、オシムとザッケローニ。「人生で初めて監督に直談判しに行こうと思った」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
中村憲剛×佐藤寿人
第11回「日本サッカー向上委員会」@後編

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第11回は今年11月にカタールで開催される4年に一度のビッグイベント「ワールドカップ」について語ってもらった。

>>第11回@前編はこちら>>「岡野!なんでパスしてるんだよ!」
>>第11回@中編はこちら>>「タマーダのあとがマキじゃなくて...」

   ※   ※   ※   ※   ※

オシム監督の名言「まだ古い井戸の中に水が残っている」オシム監督の名言「まだ古い井戸の中に水が残っている」 この記事に関連する写真を見る ---- おふたりが最も濃密に日本代表にかかわったのが、2010年の南アフリカ大会を目指すチームでした。

中村 ジーコジャパンが終わって、オシムさんが監督になった時に、最初の活動で同じチームで同じ歳の我那覇(和樹)が代表に入ったんですよ。その時に、バーンと視界が開ける感じがしましたね。一緒に叩き上げでやってきたチームメイトが入ったから、ついに門が開かれたなと。

 おそらくあの時は、全Jリーガーがそう思ったんじゃないですかね。ジーコジャパンの時は海外組と国内組の一部にしか可能性はなかったんですけど、その枠が全部撤廃された感覚でした。あの時のJリーグ全体の熱量は、そうとう高かったと思います。

佐藤 オシムさんは当初、海外組を呼ばなかったですもんね。海外組は、まずは自分のチームでポジション取ったほうがいいという気遣いもあったと思いますけど。

中村 「まだ古い井戸の中に水が残っている」って言ってましたしね。当時は25歳だったから、個人的にはまだ古いとは思ってなかったけど(笑)、チャンスはあるなとは思っていましたよ。ただ、最初のほうは呼ばれなくて。当時フロンターレは優勝争いをしていて、個人としてもパフォーマンスはよかったから、メディアの方たちも推してくれていたんです。