2022.07.13

中村憲剛と佐藤寿人にとってワールドカップとは?「あれを決めていれば、その1点で人生が変わった」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
中村憲剛×佐藤寿人
第11回「日本サッカー向上委員会」@総括

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第11回は今年11月にカタールで開催される4年に一度のビッグイベント「ワールドカップ」について語ってもらった。

>>第11回@前編はこちら>>「岡野!なんでパスしてるんだよ!」
>>第11回@中編はこちら>>「タマーダのあとがマキじゃなくて...」
>>第11回@後編はこちら>>「人生で初めて監督に直談判しに行こうと思った」

   ※   ※   ※   ※   ※

南アフリカW杯のパラグアイ戦に出場した中村憲剛南アフリカW杯のパラグアイ戦に出場した中村憲剛 この記事に関連する写真を見る ---- 憲剛さんは、2010年の南アフリカ大会ではグループリーグでピッチに立つことができませんでした。あの時の心境はどういったものでしたか。

中村 大会前に戦術を変更して、まずしっかりとした守備を基盤としたサッカーになったので、僕のようなタイプはよほどのことがないかぎり出番はないかな、とは思っていました。

 実際に3試合すべて同じスタメンでしたけど、決勝トーナメントに行けば勝たなければいけないので、攻撃にアクセルを踏み込むタイミングが必ずくると考えていたし、それが自分の役目になるとあの時は勝手にイメージをしていたので、きたるその時に向けて心身のコンディションを自分のなかで上げていったんです。

 不思議なもので、決勝トーナメント進出が決まってからは、どんどんよくなる感覚が出てきて、パラグアイ戦の前日練習でもキレがあったので、岡田さんもそれを見て、パラグアイ戦の途中から使ってくれたんだと思います。