サプライズ選出もある!? 五輪代表メンバー最後の「1枠」は誰になるか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 さて、ここまでフィールドプレーヤーについて予想してきたが、実のところ、最も熾烈なメンバー争いが繰り広げられているのは、GKの2枠である。

 過去の五輪世代を振り返っても、J1クラブで正GKを務めている選手が4人もいたことはなく、史上最高レベルの争いと言っていい。

 メンバー予想となると、これまでの起用から考えて谷晃生は当確。2枠目は、実績で抜きん出ている大迫敬介が有力だろう。

 だが、沖悠哉は、足下の技術なら4選手のなかでもナンバー1。18歳の鈴木彩艶も、最近の充実ぶりが著しい。

 わずか18人のメンバー選びのなかでも、最も贅沢な悩みはここにある。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る