世界2位になった第2GKの告白「勝っても負けてもどうでもよかった」 (2ページ目)

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

無料会員限定記事

 アジアユースでは正GKの榎本だったが、所属の横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に戻れば、公式戦での出場機会はほとんどなかった。チームには、日本代表の正GKも務める川口能活という絶対的な存在がいたからである。

「(所属クラブには)能活さんがいたので、僕はそこを目指していかないといけない。でも現実は、能活さんと競うレベルにもいっていなくて、試合に出られるのはサテライトか、練習試合しかなかったんです。アジアユースで得た課題があったので、『それを何とか克服したい』『さらにうまくなりたい』と思っていたのですが、そのための実戦経験はなかなか積めませんでした。正直、『移籍したほうがいいかな』と思うこともありました。この時は、かなり苦しかったですね」

 榎本にとって、課題を得て、成長できる時期にあったが、マリノスで出場チャンスを得ることは難しかった。そういうなかで、年代別の代表チームでの活動は、当時の榎本にとっては唯一、実戦経験を積み、自分の力を磨き、結果を追求できる場だった。

 それゆえ、ワールドユースは非常に楽しみにしていた。

 だが、ワールドユース出場を決めたあと、A代表のフィリップ・トルシエ監督がU-20日本代表の指揮官も兼任で務めることとなり、榎本を取り巻く環境が一変した。さらに、1999年大会からレギュレーションも変更され、年齢をクリアしていれば複数回出場が可能になったため、前回大会にも出場したFW永井雄一郎とGK南雄太が本大会に臨むメンバーに選出されたのだ。

 トルシエ監督がビデオ映像を見て、すぐさま招集を命じたふたりは、アジアユースを戦ったメンバーを乗り越えて、一気にレギュラー候補となった。

「2月のブルキナファソ&フランス遠征には(南)雄太がいて、これから競争になるだろうし、自分は『もっとやらないといけない』と(気持ちに)火がつきました。自分が(試合に)出られなくなるかもしれなかったんですけど、(南と)勝負するのは楽しみでもあったんです。

 でも(実際は)なかなか勝負させてもらえないというか、ほとんどチャンスを得られないまま(遠征が)終わってしまって......。『なんだよ』って、思っていました」

無料会員限定記事の続きは、現在メンテナンス中のため閲覧できません。メンテナンス期間は以下を予定しています。

6⽉17⽇(⽉)午前10時 〜 6⽉24⽇(⽉)午前中

  • メンテナンス終了時刻は状況により前後する可能性がありますのでご了承ください

機能開始までもうしばらくお待ちください。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る