2019.03.18

黄金世代の南雄太は、トルシエ監督について
キングカズと語り合った

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro


U-20日本代表を世界2位に導いたトルシエ監督。photo by Yanagawa Go トルシエ監督がチームに刺激を与えていくやり方は、選手起用だけではなかった。

「毎試合、スターティングメンバーがまったくわからないのも緊張感がありましたね。試合前にミーティングをやるんですけど、そこでトルシエ監督がホワイトボードにスタメンの名前を書き出していくんです。そのときは、いつもドキドキでした。

 紅白戦とかやらないので、正直何を基準に(メンバーを)決めているのかまったくわからない。それであるとき、(スタメンを)いつ、どんな理由で決めるのか? という話になったとき、(トルシエ監督は)『食事のときの選手の顔を見て決める』と言っていたんですよ。それを聞いて『マジか!?』って思いましたね(笑)」

 最初は、トルシエ監督の威圧的な指導方法や強引なチームマネジメントについて、腹を立てることが多かった。だが、試合を重ねていくなかで、南は「これほど選手のマネジメントがうまい監督はいないのではないか」と思うまでになったという。

「若くて血気盛んな自分たちをうまく使いこなしていましたからね。今思うと『いい監督だったなぁ』と思います。そのことについて、カズさん(三浦知良)とも話をしたことがあるんですよ。

 カズさんは『(トルシエ監督は)あの当時の日本に合っていたし、型にはまらず、(選手に)チャンスをうまく与える監督だな』と言っていました。僕も、実は(あのワールドユースに臨んだチームにおいては)トルシエ監督がいちばんチームに活気を与え、いい雰囲気を作っていたんじゃないかって思っています」