2019.03.19

『黄金世代』でひとり取り残された
GKの苦悩「なぜ自分だけ…」

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第2回:南雄太(3)

(1)はこちら>> (2)はこちら>>

 1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会で準優勝を飾ったあと、南雄太は2000年シドニー五輪の出場を目指す代表チームのメンバーとしてアジア予選に臨んだ。だが、本番の代表メンバーには選ばれなかった。

 オーバーエイジ枠の楢崎正剛らとの、正GK争いの”サバイバル”から自ら降りてしまったのだ。その結果、2002年日韓共催ワールドカップに挑む日本代表においても、招集された時期もあったが、同代表での活動はほとんどなく、最終的にワールドカップメンバーにも選出されなかった。

ワールドユースでは絶対的な存在だった南雄太だが......。photo by Yanagawa Go 一方で、ワールドユースの快挙以降、小野伸二や高原直泰、稲本潤一ら「黄金世代」の中心メンバーたちは、その才能が評価されて海外に飛び出していった。同時に五輪代表、さらには日本代表でも活躍するようになった。

 同じチームで戦ってきた仲間の、そうした眩いばかりの姿を見て、南は焦りを募らせていた。

「同世代の選手が海外に出て行き、代表でも中心選手となっていく。なんか、自分ひとりだけ取り残されていく焦りを感じました。早くいいプレーをして『代表に戻らなきゃいけない』と思うんですが、(気持ちばかりがはやって)逆にいいプレーが全然できなくて……。みんなと同じ舞台に戻れないもどかしさを感じつつ、2005年にはチーム(当時所属の柏レイソル)もJ2に落ちてしまった。