2019.03.17

南雄太が語る20年前の準優勝
「小野伸二よりうまい選手はいなかった」

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai keijiro

1999年ワールドユースについて振り返る南雄太世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第2回:南雄太(1)

第1回:小野伸二はこちら>>

 それは、突然の招集だった。

 1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会を控えていたU-20日本代表が、大会2カ月前にフランス&ブルキナファソ遠征を実施。A代表との兼任でU-20日本代表の指揮官も務めることになったフィリップ・トルシエ監督は、その合宿メンバーに前回の1997年マレーシア大会にも出場したGKの南雄太を急きょ招集した。

 1999年大会からレギュレーションが変更され、それまで1回しか出場できなかったものが、年齢さえクリアしていれば、複数回の出場が可能になったからだ。

 そしてそのまま、南は本大会に臨む18名のメンバー入りも果たした。

「最初、(小野)伸二やタカ(高原直泰)とかとは、静岡県選抜でずっと一緒にやってきて、あの世代はメンバーがそろっていたので、(一緒に)ナイジェリアに行けないのは『残念だな』って思っていたんです。それが、急きょ行けることになったので、すごくワクワクしましたね。

 ただ、前回大会に出場した僕と永井(雄一郎)くんがまた呼ばれて、メンバーから落ちた選手もいる。その分、『やらないといけない』という使命感は強くなりました。自分としても、前回大会準々決勝のガーナ戦で、自分のミスで失点して負けてしまったので、それを取り戻したいというか、その壁を越えたいと思っていましたね」

 南と永井のメンバー入りは、事前にプレー映像を見たトルシエ監督からの強い要望があったからでもあるが、チームに合流した南は、トルシエ監督の指導方法に面食らった。