2018.10.13

チーム刷新の日本代表。若手躍動の
パナマ戦でまた新発見があった

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 森田直樹/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

「新しく(選手が)代わって、また合わせることも増えましたけど、これからですね」

 パナマ戦後、先制点を記録した南野拓実(ザルツブルク)は淡々と説明している。

 世代の融合。それは森保ジャパンにおいて、ひとつのキーワードになっている。ロシアW杯、ラウンド16でベルギーと激闘をかわした後、長谷部誠、本田圭佑という一時代を築いた選手が相次いで代表引退を発表した。その存在は絶大だった。率直に言って、今も実力と経験は捨てがたい。

 しかしながら、チーム全体の平均年齢は高かっただけに、「世代交代」は待ったなしだった。

パナマ戦で日本代表デビューを飾った北川航也 パナマ戦の先発メンバーには、代表キャップ5以下のルーキーが目立っている。これが代表デビュー戦となった冨安健洋(19歳/シント・トロインデン)を筆頭に、三竿健斗(22歳/鹿島アントラーズ)、南野(23歳)、室屋成(24歳/FC東京)、伊東純也(25歳/柏レイソル)と”ホープ”が並ぶ。交代出場した堂安律(20歳/フローニンゲン)、北川航也(22歳/清水エスパルス)も進境著しい。

 この夜は出場機会がなかったものの、中島翔哉(24歳/ポルティモネンセ)、遠藤航(25歳/シント・トロイデン)も、コスタリカ戦では及第点以上のプレーを見せていた。続々と新鋭選手が入り、若返りを遂げつつある。日本代表は革新され、ロシアW杯で伝説を残したチームを超えるのか?

 森保ジャパンには、パナマ戦でコスタリカ戦に続いてパナマ戦も3-0の快勝を飾って、どこか楽観的なムードが漂っている。