2018.10.13

快勝なのに浮かない表情。
「天邪鬼」な青山敏弘が素直に語った不満点

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 3−0の快勝劇だったにもかかわらず、試合後の青山敏弘は浮かない表情だった。好パフォーマンスを称えても、「どうですかね……」と、苦笑いを浮かべるばかり。

 もともと、天邪鬼(あまのじゃく)なタイプではある。いいプレーをした日にかぎって、「全然ダメだったでしょ」とか「たまたまですよ」とか、自嘲する。でも、その表情は晴れやかだから、それが嘘だというのはバレバレだ。

パナマ戦でキャプテンマークを巻いてプレーした青山敏弘 ところが、パナマ戦の後は明らかに納得のいかない様子だった。そのパフォーマンスは秀逸だったのに。

 森保一監督の初陣となった先月のコスタリカ戦に続き、キャプテンマークを巻いてスタメン出場した青山は、立ち上がりからまさにピッチ上の司令官として、堂々とした振る舞いを見せていた。

 やや低めの位置を取り、最終ラインからのボールを受けると、両サイドに力強いインサイドキックでパスを散らして、リズムを生み出していく。プレッシャーが強かったコスタリカとは異なり、パナマが前から取りに来なかったこともあったが、青山は自由自在にボールを引き出し、パスを出し続けた。

 味方もここに預けておけば安心というばかりに、一旦はこの背番号17にボールを託す。攻撃のすべてが青山から始まっていたといっても、大げさではないほどだった。

「(ポジションが)落ちていたからね。自然とそうなっただけ」

 たしかにこの日の青山は、いつもよりも位置取りが低かった。時には最終ラインまで下りてきて、ビルドアップの役割を担った。それゆえにボールに触る機会が多かったのだが、それは決して意図したものではなかったようだ。

「ディフェンスラインに入るんじゃなくて、もうひとつ高い位置でボールに触る必要があった。ボランチふたりで、もう少しうまく配球しなければいけなかった」