2018.08.30

なでしこJは韓国撃破で決勝へ。
「初ポジション」を試みる監督の意図

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 アジア大会、準決勝の韓国戦は複雑な勝利だった。主導権は奪えず、シュートは4本しか許してもらえなかった。得意のパス回しは韓国のものとなり、プレッシングも、攻撃の組み立てもすべて後手に回った。勝利の要因を見つけるのは非常に難しい内容であるにも関わらず、それでも、なでしこジャパンは粘りと不屈のプレーでゴールを呼びこみ、アジア大会4大会連続の決勝進出を決めた。

準決勝で韓国を相手に、前半早々点を決めた菅澤優衣香(右から2番目) 日本の出だしは好調だった。開始最初のビッグチャンスを菅澤優衣香(浦和レッズレディース)がしっかりと決めて早々に先制点を奪う。その直後にもチャンスが到来。岩渕真奈(INAC神戸)が、味方の駆け上がりをギリギリまで待って出したパスを菅澤は外してしまうが、先手を取った日本が乗っけから一気に波に乗るかと思われた。しかし、徐々に韓国の攻撃に押され、受け身に回っていく。

 グループリーグを合わせても、格下との対戦続きだった韓国は日本戦に照準を合わせて、万全のコンディションに整えていた。ボコボコのピッチで力の拮抗した相手との連戦で疲労が蓄積しまくっている日本との差は歴然だった。

 韓国のシステムは4-1-4-1。1ボランチの両脇のスペースを狙って、そのままサイド攻撃へ――。日本に目論見はあった。しかし実際のピッチでは、思うようにボールを運ぶことができない。