2018.08.30

森保ジャパンが今やるべき選手選考。
「なんでこの選手を?」でいい

  • text by Sportiva photo by AFLO

森保ジャパンを語る~杉山茂樹×浅田真樹(後編)

前編を読む>>

杉山 では、具体的にどういう選手を選ぶべきかという話になると、実はすぐ名前が出てくる選手はいないんですよ。国内組で戦った去年のE-1選手権のメンバーを見ても、24歳以下はそれほど多くなかった。脚光を浴びたのは伊東純也(25歳/柏レイソル)くらいじゃないですか。現状でも、Jリーグで「思い切りキラキラ光っている23歳、24歳がいるか」と言われると、確かにそんなにいないんです。

 それでも、僕は無理してでも選んだほうがいいと思う。化ける人もいるから。5人選んでおいて、その中からひとりかふたりでも出てくれば、「なんでこの選手を呼んだの?」と言われても、それでいい。昔、アギーレやオシムはそれをやっていたし、ファルカンもそれに近いことをやっていたんです。「なんで実績のない選手や若手を選ぶの?」と言われていたんだけど、4年というところから逆算すると、スタートはそれでいいんです。

代表の中核を担う選手になると期待される三竿健斗(鹿島)浅田 ロシアW杯に関しては、ヨーロッパに選手が多く出て、その選手たちの経験が生きて「今回の結果につながった」と言われているけど、本当に確固たる地位を築き、ヨーロッパのトップクラスのクラブでやっている選手が現段階でどれだけいるのかといったら、そんなには多くはないわけです。

 だったら、ロシアで活躍した選手たちの実力はもうわかっている、と。とりあえずヨーロッパはシーズンが始まったばかりだし、彼らには「クラブに専念してくれ」と伝えて、代わりに「誰よ、この選手」というような選手をいっぱい呼んでいいと思うんです。少なくとも年内の6戦は、代表キャップ0みたいな選手をガンガン試すべき時期だと思うんですけどね。