2018.08.29

森保一監督の「日本代表への姿勢」は、
チリ戦、コスタリカ戦でわかる

  • text by Sportiva 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

森保ジャパンを語る~杉山茂樹×浅田真樹(前編)

 9月7日のチリ戦(札幌)、11日のコスタリカ戦(大阪)で発進する森保ジャパン。新しい日本代表は何を目指し、どのようなチームになるのか。杉山茂樹氏と浅田真樹氏が語りあった。

杉山 まずこの時期の代表戦をどう位置づけるのかという問題があります。日本代表の試合が昔に比べて少なくなっているんです。ジーコ時代、ザッケローニ時代とどんどん減っていて、とくにハリルホジッチになってからは顕著でした。このままインターナショナルマッチのスケジュールに合わせて代表戦をやっていたら、増えることもないと思います。そうすると、昔に比べて1試合1試合が、貴重といえば貴重なんです。この機会をどう使うのか。

 その一方で、ロシアW杯の余韻をまだ引きずっている時期でもあるわけですよ。もう断ち切ったほうがいいのに、惜しくもベスト16だった「西野ジャパンをもう一度」というムードで興行をしようとすると、W杯に出ていた人をなるべく使いたいムードになる。そうすると、ちょっとスタートが鈍くなる気が僕はします。

アジア大会でU-21代表を指揮している森保一監督浅田 選手をどう選ぶのかということで、森保一監督の姿勢が見える2試合でもありますね。やはり最初こそ、若い選手をどんどん使ってほしい。ただ、東京五輪に出場する世代は、バルセロナ五輪からサッカーが年代別の大会になって以降、たぶん過去に例がないぐらい強化されると思うんです。地元開催のオリンピックに対して、お金も時間もつぎ込まれることになる。そういう意味では、今年の年齢で21歳以下の選手たちは、ある程度、放っておいても自然に強化される。だとすると、ここでA代表として力を入れたいのは、そのちょっと上。リオ五輪世代の下のほうの年代ですね。