2018.01.17

静観とカミナリと。U-23選手権を
勝ち進むJ1最多優勝監督の手腕

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 その瞬間、森保監督のカミナリが落ちた。

「全員で(明日の試合の)準備をするんだよ! 4バックだって(これから先の試合で)やるかもしれないんだから!」

 グラウンドにピリッとした緊張感が走り、その後の練習が締まったものになったのは言うまでもない。

「勝利と課題の両方を持って次の戦いに臨めることは、チームにとってポジティブなこと」

 表情を変えず、淡々とそう語る森保監督の巧みな手綱さばきに導かれ、U-21日本代表は望外の3連勝で決勝トーナメントに進出した。

◆福田正博の心に残る「世界で一番悲しいゴール」を決めたあとのこと>

◆内田篤人から突然の電話に絶句した清武。日本復帰話は以前もあった...>>

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事