2018.01.16

お手本はレバンドフスキ。
森保ジャパン田川亨介、ポストプレーを磨く

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO

 自分らしさを出せず、エースのFW小川航基(ジュビロ磐田)が負傷離脱した穴を埋められなかった昨年5月のU-20ワールドカップから8ヵ月、あれから随分と変わった。

 醸し出す雰囲気も、表情も、プレースタイルも、発する言葉も――。

何本もシュートを放って存在感を示した田川亨介

 U-23アジア選手権に備えたU-21日本代表(森保ジャパン)の大阪・堺合宿で、FW田川亨介(たがわ・きょうすけ/サガン鳥栖)はきっぱりと言った。

「結果を残したからここに呼ばれたと思っているので、得点という結果だけにこだわってやりたいし、そこへの責任を感じています。今は、このチームを自分が引っ張っていくつもりでいます」

 それから8日後、田川が国際舞台のピッチで見せたのは、まぎれもなく宣言したような力強いプレーだった。

 中国で開催されているU-23アジア選手権、タイとのグループステージ第2戦。5バックで守りを固めてきたタイに対し、チーム最多となる6本のシュートを見舞い存在感を放ったのは、初先発となる1トップの田川だった。

 13分にはスルーパスを引き出して利き足の左足で、14分には相手からボールを奪って左足で、30分にはシュート性のボールを足もとに収めて右足を振り抜いた。