2018.01.14

森保ジャパン2連勝も、まだ
サンフレッチェ全盛期に及ばぬ部分は何か

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 アジアU-23選手権のグループリーグ第2戦が行なわれ、日本はタイを1-0で下し、2連勝。グループリーグ突破を決めた。

 勝ちはしたが、相手の堅陣を前に日本は苦しんだ。攻めてはいても1点が遠かった。タイは初戦の4-3-3から、日本と同じ3-4-2-1に布陣を変更。守備時は実質5バックで後ろを固め、前線のスピードを生かしたカウンター狙いに徹してきた。

 日本は試合前日の練習で4-3-3のタイを想定し、いかに布陣のミスマッチを生かし、相手ディフェンスの間に縦パスを入れていくか、を確認していた。それを考えれば、いきなり機先を制された格好である。

 結果、初戦のパレスチナ戦から一転、中盤では楽にボールを持たせてもらえた。だが、その先に待ち構える5バックの壁をなかなか破ることができなかった。MF岩崎悠人(京都サンガ)が振り返る。

「今日は(中盤に)スペースと時間があったので、ボールを受けることに関しては前回(パレスチナ戦)よりよかったが、そこから先のゴールへ向かうコンビネーションや最後の(プレーの)質のところで、まだまだかなと思った」

 岩崎は、2シャドーを務める自分やMF高木彰人(ガンバ大阪)がボールを持って前を向いても、「その先がなかった」と話していたが、その理由のひとつとして挙げられるのは、チーム全体、特に中盤がボールを受けようとするあまり、下がりすぎてしまったことだろう。