なでしこの攻撃力アップへ。川澄奈穂美のシュートがズドンと重い

  • 早草紀子●取材・文・写真 text &photo by Hayakusa Noriko

 キャンプでは、若手も懸命なアピールを続けた。中でも指揮官の興味を引いたのは乗松瑠華(浦和L)だった。もともとはCBだが、昨シーズンは右SBとしても評価されてきている。U-19時代にはここぞ、という場面で左SBから精度の高いクロスでゴールを引き出す実力も証明済み。このキャンプの紅白戦でもその片鱗を垣間見せた。

「なんでもこなせるSBになりたい」と語った乗松だが、スタミナには課題が残る。努力の量だけ伸び幅があるスタミナは、根気強く積み重ねるしかないが、それさえ身に付ければ強力なSBが誕生するかもしれない。

 さらに、昨年からなでしこ入りのチャンスを掴んでいる横山久美(長野パルセイロL)も生き残りをかけた戦いに全力で挑んでいた。

「パスがなかなか来ないのは、まだ自分が信頼されていないから。自分から欲しいパスを呼び込めるようにしないといけない」と、これまでのプレーを分析していた横山。紅白戦では「貴重なチャンスを決めきれなかった……」と反省しきり。それでも、欲しかったパスを引き出せる機会は確実に増えてきている。

3 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る