2016.01.28

なでしこの攻撃力アップへ。川澄奈穂美のシュートがズドンと重い

  • 早草紀子●取材・文・写真 text &photo by Hayakusa Noriko

 1月18日から石垣島で行なわれていたなでしこジャパン第1次キャンプが25日の練習で打ち上げを迎えた。

シュート力向上で得点にも期待がかかる川澄奈穂美 オフ明けの状態から、悪天候のために前倒しで進められたメニューも無事に終了。常に練習前にミーティングを行なうことで意図を伝え、イメージを共有しながら、実践で確認をする。一連の流れを徹底した8日間のトレーニングに、佐々木則夫監督は「やりたいことは一通りやれた。相対的にステップアップしてくれたように思う」と、一定の成果を認めた。

 地元高校生とのゲームや、紅白戦の中で目についたのは一人一人が複数のポジションにトライしていたことだ。新たな可能性の模索段階であるが、そこでの発見も重要なステップアップにつながる。

 そのひとりが川澄奈穂美(INAC神戸)だ。なでしこジャパンでは主にFWやSH(サイドハーフ)を担うが、このキャンプでは右SB(サイドバック)での起用もあった。彼女の特長はスピードとスタミナ。新たなポジションではその双方が生かされる場面も見られた。アジア予選では、両チームが拮抗する試合が予想される。攻撃面で閉塞感が出ることもあるはずだ。そういった時間帯に動きをつけるには川澄のSBがいい一手になる。

「自分は攻撃型なので、その一面で考えれば広くスペースを捉えることができるし、ボランチとの位置関係でもっと攻撃に関わることができる。自分がハーフのときにそこをどう引き出すのかというのも見えた」と新鮮な視界に手応えを掴んでいる様子。