2014.05.09

工藤壮人が明かした「W杯メンバー発表という重圧」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 長田洋平/アフロスポーツ●写真 photo by Nagata Youhei/AFLO SPORTS

短期集中連載・世界に挑む男たち~工藤壮人(3)

「欧州チャンピオンズリーグの舞台に立つ」

 工藤壮人はそれを通過点として見据えている。世界と渡り合う、彼はその響きに言い知れない疼(うず)きを感じる。

「クラブW杯(2011年)のサントス戦は世界を感じましたね」

 世界との遭遇について語るとき、口調には熱がこもった。

「相手センターバックが、ペナルティエリアの中に入れさせてくれませんでした。体をぶつけ、ポジションをぶらしてくるんです。そのタイミングが良くて、自分はペナでボールに触れられなかった。決定的なプレイに入る前のリスクマネジメントが違いました。Jリーグではそこまでのボディコンタクトもないし、サントスの選手は動きを逸らして気を削(そ)いだり、体の当て方もうまかった」

 工藤はそれほど遠くない日、冒険に打って出るだろう。その旅は、ブラジルW杯経由であることが好ましかった。

勝利した鹿島戦後、サポーターに応える工藤壮人(柏レイソル) 2014年シーズン、工藤は開幕以来、第7節まで全試合フルタイム出場を続けていた。しかし得点は2。チームも負け越しこそ免れていたものの、4引き分けと勝ち切れていなかった。第7節、川崎フロンターレとの試合がドローに終わった後、工藤の表情は暗く沈んでいた。

「正直、個人としてどうすればいいのか分からない」

 彼はその胸中を吐露していた。