全員ドラ1「早大三羽烏」最後のひとり・福井優也の現在地 NPB復帰は「こんなんじゃ無理」それでも「今の野球をやりきる」

  • 和田悟志●取材・文・撮影 text&photo by Wada Satoshi

福井優也(福島レッドホープス・コーチ兼任投手)インタビュー

福島レッドホープスで2年目のシーズンを送っている福井優也福島レッドホープスで2年目のシーズンを送っている福井優也

【エリート街道から戦力外通告】

 かつて広島や楽天で活躍した福井優也はこの春、福島で2度目のシーズンを迎えた。

「本当は去年1年間のつもりだったんです、野球自体が」

 今年で36歳。現役引退が頭をよぎるのも無理もない。

 岡山県出身の福井は、愛媛・済美高ではエースとして活躍。創部3年目でセンバツ初出場・初優勝を成し遂げ、甲子園を沸かせた。

 1年間の浪人を経て早稲田大に入学すると、同期の斎藤佑樹、大石達也とともに注目を集め、4年時にはエースナンバー「11」をつけ神宮で躍動した。

 そして、2010年のドラフト会議で広島東洋カープから1位指名を受けた。チームメイトの大石と斎藤もそれぞれ西武、日本ハムにドラ1指名で入団し、大きな話題となった。

 そんな野球のエリート街道を歩んできた福井だったが、2022年10月に楽天を戦力外となる。そして、現役続行を決めた福井が、新天地として選んだのが独立リーグ、BCリーグの福島レッドホープスだった。

 家族を仙台に残しての単身赴任。しかも、第2子が誕生するタイミングと重なった。

「奥さんは『気が済むまでやりたいようにやったほうがいいよ』と言ってくれていますが、2人目が生まれたばかりですし、家族にはだいぶ迷惑をかけています」

 福井が当初1年と期限を決めて、福島に来たのにはそんな事情もあった。

1 / 6

プロフィール

  • 和田悟志

    和田悟志 (わだ・さとし)

    1980年生まれ、福島県出身。大学在学中から箱根駅伝のテレビ中継に選手情報というポジションで携わる。その後、出版社勤務を経てフリーランスに。陸上競技やDoスポーツとしてのランニングを中心に取材・執筆をしている。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る