DeNAドラ1・度会隆輝の最大の武器は上昇気流を生み出す元気「見ている人たちを幸せに」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi

横浜DeNAベイスターズドラフト1位
度会隆輝インタビュー(後編)

前編:なぜ度会隆輝は3年前に語った目標を実現できたのかはこちら>>

 横浜DeNAベイスターズからドラフト1位で入団する度会隆輝。活躍が期待されているルーキーへのインタビュー後編では、自らのストロングポイントや目標を聞いた。

ファンフェスティバルで堂々のマイクパフォーマンスを披露した度会隆輝 photo by Sankei Visualファンフェスティバルで堂々のマイクパフォーマンスを披露した度会隆輝 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【セールスポイントは元気】

 度会の心強い援軍になってくれるのが、横浜高時代の同級生であり、来季プロ4年目となる松本隆之介だ。入団してから故障による手術などもあり、一時は育成契約になったが、今年の春に再び支配下登録された期待の投手である。身長188センチの大型左腕であり、この秋の宮崎フェニックスリーグでは好投を見せ、ブレイクが待たれている。

「松本とは常に連絡をとっていて、時間がある時は食事に行ったりして、プロ野球のことやベイスターズのことを聞いていました。ドラフトで指名された時も『めちゃくちゃうれしい!』ってLINEをくれて、すごく喜んでくれたんです。僕が言うのもなんですけど松本はポテンシャルの化け物ですし、高校を卒業した時よりもはるかに身体が大きくなっていました。仲のいい松本と一緒に野球ができるのは、モチベーションにもなりますし、ふたりでチームを優勝に導けるような活躍ができたら、お互い一番幸せだと思います」

 ファンフェスやドリームマッチしかり、また松本の存在など、1月の新人合同自主トレが始まる前から、DeNAにすっかり馴染んでいる様子の度会を見ると、来るべくしてDeNAにやって来た選手だと思わずにはいられない。

 そういえば10月1日のDeNAとENEOSの練習試合、度会はDeNAからの要望で、シートノックと実戦で、本職の外野ではなくサードの守備についている。DeNAは将来的に度会の内野での起用を視野に入れているようだが、本人としては内野に対しどのような見解を持っているのだろうか。

「外野手としては肩も強くなりましたし、この数年で成長した実感はありますが、サードのポジションも好きなんですよ。高校時代に守っていましたし、自信があるといっては言い過ぎですけど、普通かなとは思っています。ただ僕としては、行けと言われたところで、全力でプレーするだけです」

1 / 3

プロフィール

  • 石塚 隆

    石塚 隆 (いしづか・たかし)

    1972年、神奈川県出身。フリーランスライター。プロ野球などのスポーツを中心に、社会モノやサブカルチャーなど多ジャンルにわたり執筆。web Sportiva/週刊プレイボーイ/週刊ベースボール/集英社オンライン/文春野球/AERA dot./REAL SPORTS/etc...。現在Number Webにて横浜DeNAベイスターズコラム『ハマ街ダイアリー』連載中。趣味はサーフィン&トレイルランニング。鎌倉市在住

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る