高木豊がセ・リーグの現役ドラフトを総括 「12球団で一番いい選手を獲った」チームは?

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo

高木豊の現役ドラフト総括

セ・リーグ編

 出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化することが目的の「現役ドラフト」。その第2回が12月8日に非公開で開催され、12人の指名選手が決まった。セ・リーグの各球団に移籍した選手について、かつて大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊氏に聞いた。

オフに自主トレをする、阪神から巨人への移籍が決まった馬場皐輔 photo by Sankei Visualオフに自主トレをする、阪神から巨人への移籍が決まった馬場皐輔 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【阪神が獲得の漆原はポテンシャルに魅力】

――日本一になった阪神には、オリックスの漆原大晟投手(27歳)が移籍。今季は一軍での登板が16試合にとどまりましたが、「将来のクローザー候補」と期待されていた時期もありました。

高木豊(以下:高木) 今季のファームの成績を見ると、防御率があまりよくないんです(32試合登板、3勝0敗、防御率4.31)。不振の原因がコンディションなのか技術面なのかはわからないのでなんとも言えないのですが、そのあたりは阪神とオリックスの間で情報交換があり、了承した上で獲得したんでしょう。

 力のある真っ直ぐとフォークボールもいいですし、阪神は漆原のポテンシャルに魅力を感じているんでしょうね。環境を変えてコロっと変わる可能性は十分にあります。阪神のリリーフ陣もオリックス同様に層が厚いですが、チャンスをもらえた時にいいアピールをして食い込んでいってほしいですね。

――続いて、広島が獲得したのは楽天の内間拓馬投手(25歳)。プロ1年目は11試合に登板(勝ち負け無し、防御率5.91)しましたが、昨季は1試合、今季は一軍での登板がありませんでした。タイプ的にはストレートで押していくパワーピッチャーです。

高木 投げっぷりがよくて球威があるのですが、コントロールが課題です。しかし、まだ25歳と若いですし、制球力はこれから改善していければいいのかなと。それと、広島は亜細亜大出身の選手が多いので、広島のスカウトが亜細亜大時代の内間をリストアップしていた可能性もありますね。

1 / 3

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る