2022.07.16

八重樫幸雄はヤクルトの非常事態に「心配ない」。現役時代を知るユウイチ監督代行、村上宗隆への信頼も熱弁

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

非常事態について八重樫幸雄の見解は?

――お久しぶりです! 開幕以来、絶好調の東京ヤクルトスワローズについて、久々に八重樫さんにお話を伺おうとしたら......コロナ禍により、髙津臣吾監督をはじめ、コーチ、選手が大量離脱という非常事態を迎えています。

八重樫 こんな時代だから、こういうこともあるかもしれないとは覚悟していたけれど、それにしても驚いたね。急遽、ファームから選手を大量昇格させたけど、実績があるのは内川聖一、西浦直亨ぐらいでしょ? これはかなりの一大事ですよ。

ヤクルトのユウイチ監督代行(左)と村上宗隆ヤクルトのユウイチ監督代行(左)と村上宗隆 この記事に関連する写真を見る ――「監督不在」というのは、やはりチーム内に激震が走るものですか?

八重樫 僕の現役時代にも、シーズン途中に監督がチームを去って、「監督代行」が指揮を執る経験もあったけど、今回の場合は「成績不振」が理由ではなく、あくまでもコロナによるもの。だから、そんなに大きな影響はないんじゃないかと。特に今年は、序盤戦から絶好調で貯金も大量にあるし、2位のジャイアンツとも今のところは大差がついている。そんなに深刻に考える必要はないと思うけどね。

――そんなに悲観的になる必要はないでしょうか?

八重樫 悲観的になる必要なんてないと思いますよ。もちろん、楽観的ではいられない非常事態であることは間違いないけど、むしろ「今までなかなかチャンスを与えられなかった選手たちのアピールの機会だ」と捉えたほうがいいと思うし、実際にいい機会だと思います。心配なのは、離脱中の選手たちが本調子に戻るまでにどれぐらいの時間がかかるのかだけれど、現時点では若手に期待するしかないですから。

――7月13日からは、松元ユウイチ監督代行の下、試合が再開しました。やはり、一軍レギュラー選手との差は大きいと感じます。

八重樫 それは当然ですよ。誰も、山田哲人や青木宣親の穴を埋められるわけがない。でも、若手たちががむしゃらにプレーしてくれるだけでもいいと思うし、見ている側も過度の期待はしないほうがいいと思いますよ(笑)。

――もちろん、それは頭では理解しているんですけれど......。

八重樫 7月13日の時点で、オールスターまで「残り11試合」だったけど、ここは3勝8敗、あるいは2勝9敗ぐらいでもいい。それぐらいの割りきりが必要だと思います。たとえ負けが込んだとしても、若手たちにとって何か爪痕が残せる試合が少しでもあれば、それは後半戦に向けての好材料だと、僕は思いますけどね。