2022.07.17

スワローズに激震が走った1週間。「内川聖一がクラブハウスに…」「山田哲人の車が…」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sankei Visual

 7月8日、ヤクルトは二軍で調整中の石山泰稚、丸山翔大が新型コロナウイルスに感染したと発表。翌日の午前中にも、同じく二軍で調整中だった川端慎吾とスタッフ1名も陽性判定を受けた。それから数時間後、NPB史上最速で優勝マジックを点灯させたチームが非常事態に陥ることになる。

 スワローズに激震が走った1週間を追った。

ひっそりと静まり返るヤクルトのクラブハウスひっそりと静まり返るヤクルトのクラブハウス この記事に関連する写真を見る

史上最大の非常事態

7月9日

 一軍は神宮球場で阪神戦を控えていた。12時40分すぎ、道を隔てた場所からクラブハウスを眺めていると、内川聖一の姿を確認。この時点では<二軍で好調を続けていた内川がようやく一軍登録? 誰と入れ替えだろうか>とノートに書き込む。

 内川がいたことをスポーツ紙の記者に話すと、「西浦(直亨)も一軍昇格ですかね。あそこに車が停まっています」と教えてくれた。

 この時点で、クラブハウスの風景に少し違和感を抱くのだった。まず、いつもなら早出練習のために室内練習へ向かう選手が誰ひとりとしていない。やがて抗菌手袋をした球団スタッフが無言で選手の車を移動しはじめ、私服の選手数名がクラブハウスから出てくると球場をあとにした。

「一軍でも陽性者が出たのでは?」
「鈴木裕太(投手)もいたけど、内川や西浦は緊急招集なのか?」
「そういえば、山田(哲人)の車がない」

 記者たちはその光景を前に、落ち着かない様子だった。

 そして高津臣吾監督が車に乗り込み球場を去ると、同時に球団広報から「詳しいことはのちほどメールでリリースします」と説明があった。

 15時01分、『新型コロナウィルス陽性判定ならびに試合中止について』のメールを確認。陽性者は14人とのことだが、その名前を見て衝撃が走った。

高津臣吾監督、石井弘寿コーチ、高梨裕稔投手、清水昇投手、田口麗斗投手、松本直樹捕手、内山壮真捕手、山田哲人内野手、奥村展征内野手、長岡秀樹内野手、青木宣親外野手、丸山和郁外野手、濱田太貴外野手、スタッフ1名