2022.03.21

石毛宏典のパ・リーグ順位予想。3位から5位は「甲乙つけがたい」。古巣の西武ではドラ1・隅田を高評価

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

プロ野球2022開幕特集
石毛宏典 パ・リーグ順位予想

 3月25日、いよいよプロ野球が開幕する。昨年、パ・リーグでは25年ぶりにオリックスがリーグ優勝を果たしたが、今年はどんな戦いが繰り広げられるのだろうか。

 1980年代~1990年代まで続いた西武の黄金時代に、チームリーダーとして活躍した石毛宏典氏に、今年の展望を聞いた。

石毛が高く評価した、西武ドラフト1位投手の隅田知一郎石毛が高く評価した、西武ドラフト1位投手の隅田知一郎 この記事に関連する写真を見る ***

【1位予想:西武】

――西武を1位と予想されましたが、その理由は?

石毛宏典(以下:石毛) 髙橋光成、今井達也、松本航と先発投手陣がいる中に、新人の隅田知一郎が加入しました。同じく新人の佐藤隼輔も中継ぎで使えそうですし、リリーフには増田達至や平良海馬がいます。

 増田と平良のどちらがセットアッパー、クローザーになるのかは微妙なところですが、先発は計算できる投手が4、5枚と揃ってきたのかなという気がします。今のところ主な野手にもケガ人がいないですし、源田壮亮や外崎修汰、森友哉、山川穂高、中村剛也、栗山巧あたりがやってくれるだろうと。

 気になるのは、一番打者として考えている若林楽人がどうなるかですが、痛めた膝はだいぶよくなっているらしいので期待しています。若林が一番に定着すると、源田らとともに機動力も使えますし、打線が機能すると思います。

――昨年はシーズン序盤、主力にケガ人が多かったですね。

石毛 山川が本塁打を打った際に左ハムストリングを肉離れしたりね......。ケガ人が多く出た分、岸潤一郎や愛斗、呉念庭らが試合に出られて経験は積めたけど、まだ「ひと山いくら」という印象です。「(何人かいる中から)調子のいい野手を使おうか」みたいな感じのところから抜けられていません。金子侑司が育ってこないというのも、首脳陣にとって毎年の誤算ですし。

 ただ、呉念庭は複数のポジションを守れるし(2021年は一塁で68試合、二塁で45試合、三塁で35試合、左翼で18試合に出場)、打撃では勝負強さを見せた時期もありました。欠かせない戦力になりつつありますし、どこかのポジションでケガ人が出た時にもこういったユーティリティープレーヤーはありがたいです。

 西武に限ったことではありませんが、主力にケガ人が出ないことが一番。ただ、ペナントレースは長丁場で想定外のことが起きますからね。