2022.02.14

平石洋介が明かすソフトバンク退団の真相。「必要とされている間はホークスで」から考えが変わった理由

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Sankei Visual

平石洋介インタビュー(前編)

 かつて自分がプレーした場所、監督として率いたチームに屈し、平石洋介の2021年シーズンは終焉を迎えた。

 10月23日、楽天生命パーク宮城。4位のソフトバンクは残り3試合を全勝すれば、クライマックスシリーズ進出への望みをつなぐことができた。しかしこの日、3位の楽天との直接対決に敗れ、5年連続での日本一を逃すどころか8年ぶりのBクラスが決定した。

昨シーズン限りでソフトバンクを退団した平石洋介昨シーズン限りでソフトバンクを退団した平石洋介 この記事に関連する写真を見る

【組織で戦っていく難しさを痛感】

「そりゃあ、悔しかったですよ」

 平石は開口一番、そう言った。

 どこか淡々としている。まるで、昨シーズンの敗戦が、予定調和のとれた結果であるかのようにも聞こえた。

「野球はそう甘くはないわなって。選手が悪いとかじゃなく、ホークスという組織として戦っていく難しさっていうか。原因はいろいろあるんでしょうけどね」

 報道などで伝えられている敗戦の一因に、戦力が不安定だったことが挙げられる。

 ジュリシベル・グラシアルやアルフレド・デスパイネ、リバン・モイネロのキューバ勢の離脱。リードオフマンの周東佑京、守護神の森唯斗の故障も響いた。そこに松田宣浩、中村晃ら主力の不振も相まって、投打が噛み合う試合が少なかったこともある。

 さらに、ソフトバンクにとってはベンチワークも挑戦的な1年でもあった。言うなれば、「二大巨頭」体制だ。

 チームを5度の日本一へと導いた監督の工藤公康とWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で指揮を執った小久保裕紀。日本代表トップチームの指揮官がNPBの球団でコーチになった例は、今年のソフトバンクが初めてだった。

 それだけではない。小久保は現役時代、絶対的なリーダーとしてチームを牽引してきた男だ。ふたりのカリスマの求心力が噛み合えば、「常勝」ソフトバンクの威厳をより誇示できるはずだった。

 しかし、結果は4位。

「それは僕らコーチにも責任があることじゃないですか」

 平石が世間で囁かれている風評を否定するように口を開く。