2022.01.03

DeNA三浦大輔監督が語る屈辱のシーズン「勝ちたい思いがつのるほど視野が狭くなっていった」。来季へ向け「もうやり返すしかない」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Koike Yoshihiro

 監督就任1年目の昨シーズン、上位進出を期待された三浦大輔監督だったが、チームは最下位に沈んでしまった。オフには大田泰示や藤田一也というベテランを補強し、コーチ陣も1998年の日本一を知る石井琢朗氏、斎藤隆氏が入閣するなど体制を整えた。はたして、最下位から巻き返しを図りたい今シーズン、三浦監督はどのような戦いをイメージしているのか。指揮官を直撃した。

監督就任2年目を迎えるDeNAの三浦大輔監督監督就任2年目を迎えるDeNAの三浦大輔監督 この記事に関連する写真を見る 【1勝することの難しさを知った】

── 監督就任初年度の昨シーズンは、6年ぶりの最下位と非常に厳しいものになりました。

「悔しい思いばかりですね。自分自身いろいろ勉強をして『さあ行くぞ!』ってスタートしたのに、考えていたことが思いのほかできませんでした......。本当にコテンパンにやられてしまった。自分の未熟さを思い知らされましたし、選手たちには申し訳ないことをしてしまいました」

── とくにシーズン序盤は連敗が続き、かなり苦しい思いをしました。

「監督になってあらためて1勝することの難しさを知りましたし、『勝ちたい』という気持ちばかりで、その思いがつのるほど視野が狭くなっていった気がします。振り返ってみればシーズン当初、私は選手と一緒になって戦ってしまった。選手を信頼していると口では言っても、どこか信じきれていなかったのかもしれません。本当、反省すべき点です。本来であれば選手を送り出したら、監督であればドンっと構えていなければいけませんでした」

── 課題としていた"走塁"ですが、序盤は盗塁も含めエンドランなど積極的に仕掛けていましたが、なかなか功を奏せず、徐々に尻すぼみになっていった印象がありました。

「躊躇していたわけではないのですが、どうしても仕掛けることで流れが悪くなることが多くなってしまったので、結果的に数は減っていったかもしれません。このあたりは変わらず今シーズンの課題になりますね」