2021.12.01

高木豊が今季パ・リーグの外国人選手たちに辛口評価。唯一評価が高かったチームは?

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

高木豊の「助っ人」通信簿
パ・リーグ編 (セ・リーグ編を読む>>)

 例年よりも助っ人外国人選手の活躍が目立たなかった今季のパ・リーグ。セ・リーグ編に続き、高木豊が各球団の外国人選手たちを4段階で評価した。

オリックスのジョーンズは日本シリーズでも代打として活躍したが、退団が決定したオリックスのジョーンズは日本シリーズでも代打として活躍したが、退団が決定した この記事に関連する写真を見る ***

オリックス【△】

 25年ぶりのリーグ優勝を達成したオリックス。タイラー・ヒギンスは勝ちパターンのセットアッパーとして8回を任されるなど活躍。シーズン後半の勝負所では、スティーブン・モヤが持ち味の長打力で重要な働きをした。

「シーズン通して活躍したと言えるのは、勝ちパターンで概ね安定した投球を見せていたヒギンスだけですね。野手は厳しかったと思います。ただ、シーズン終盤に吉田正尚が怪我で離脱している時期のモヤの活躍は目立ちました。率は低いですが、チャンスでよく回ってきていましたし、ここぞという時に試合を決める本塁打を打っていました。それでも、シーズンを通して活躍したわけではないので、助っ人としての評価となると厳しい。

(アダム・)ジョーンズは代打で活躍した印象が強いですが、彼のメジャーでの実績を考えれば、本来の期待値はそんなレベルの選手ではないでしょう。(ランヘル・)ラベロは来日してすぐに骨折してしまい気の毒な部分はありましたけど、結局は数字での評価ですから。野手の助っ人たちは期待に応えたとは言えませんが、そういう意味では『よくリーグ優勝できたな』という印象です。やはり杉本(裕太郎)のブレイクが大きかったですね」

【主な助っ人外国人の成績】
(野)モヤ 106試合 打率.229 13本塁打 47打点 出塁率.261 OPS.634
(野)ジョーンズ 72試合 打率.234 4本塁打 23打点 出塁率.339 OPS.677
(投)ヒギンス 49試合 1勝2敗 28ホールド2セーブ 防御率2.53