2021.04.05

「今いるメンバーでどう優勝するか」三浦大輔監督が語る今季と「ハマの番長」秘話

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Koike Yoshihiro

 今シーズン、セ・リーグのなかで唯一、新監督でスタートを切った横浜DeNAベイスターズ。

 1998年以来、23年ぶりのリーグ優勝の期待を背負い、新指揮官に就任したのが、「ハマの番長」こと三浦大輔である。16年に現役を引退し、19年に一軍投手コーチに就任、20年にはファーム(二軍)監督を務め、今年から一軍の指揮を執ることになった。チームには明るい雰囲気が漂う。

今シーズンからDeNAの指揮を執る三浦大輔監督今シーズンからDeNAの指揮を執る三浦大輔監督  開幕前のある練習日、ルーキーの入江大生投手が今日のひとことを大声で張り上げ、どっと笑いが起こった。そんな練習を見ているなかで目立ったのが三浦監督の動きである。練習前後、いろんな選手に話しかけていたが、それはキャンプ中から続いているという。三浦監督は言う。

「僕が指揮するうえで大事にしているのが、コミュニケーションです」

 選手のなかには、監督が声をかけると構えてしまったり、緊張してしまったりすることもあるが、三浦監督はその範疇にいない。引退したのが5年前で、チームには一緒にプレーした選手もいる。2年前からコーチなどでチームに在籍しており、知らない顔はルーキーだけだ。三浦監督は、新人の彼らにも遠慮せずにどんどん声をかけていく。

「選手とはフランクに話をしています。僕が現役の時は、監督と話をする時、緊張したり、どこか話しづらいのがありました。僕はそういう話しづらい存在ではいたくないと思っているので、若い選手にも普段から冗談をいう感じで話しかけています」

 話をしながら三浦監督は、選手の状態をはじめ、さまざまな情報を得ているが狙いはそれだけではない。いざという時に腹を割って話をするためにある。

「普段からコミュニケーションを取って意思疎通して、気持ちを確認しておきたいなって思っています。仕事の時だけ話をすると、なかなか本音で言い合えないところがある。普段からコミュニケーションを取ることで仕事の話ももっと深くできるのかなと思うので」

 これまで多くの監督の下でプレーしてきた三浦監督だが、そのなかで非常に印象に残っている指揮官がいたという。

「権藤(博)さんは、コーチの時から一緒にやらせていただいたのですが、監督なのに『監督と呼ぶな。権藤さんと呼べ』と言われて......すごくインパクトがありましたね」