2021.02.16

福留孝介が語る野球人生の危機。
その経験から「根尾はショートに固執すべき」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Sankei Visual

 2月8日、フロリダ州タンパで行なわれたスーパーボウルで新たな伝説が生まれた直後、沖縄の読谷にいるNPBの現役最年長プレイヤー、福留孝介とビデオ電話をつないだ。

── トム・ブレイディと同い年なんだね。

「へーっ、そうなんですか。ブレイディってクオーターバックの? 僕と同い年なんですか。それは知らなかったなぁ」

 NFL、タンパベイ・バッカニアーズのQB、トム・ブレイディ──前人未到、7度目のスーパーボウルを制したフットボール界の"G.O.A.T."(史上最高)と称されるスーパースターは今、43歳。3つのタッチダウンパスを決めた華麗な動きを思えば、同い年の福留もまだまだ十分に動けたとしても不思議ではない。

「僕ですか? まぁ、そこそこです。年齢なりに動くって感じ。現役最年長は去年からだけど、それも往生際の悪さゆえかな(笑)」

14年ぶりに中日へ復帰した福留孝介 福留も43歳になった。

 彼と初めて会ったのは今から26年前、彼が17歳だった1995年のことだ。当時、春のセンバツへ出場することが決まっていたPL学園のキャプテン、福留は自信満々の口調でこんなふうに言っていた。

「西の福留、東の澤井? 正直、一緒にせんといてくれって感じです」

 笑顔とともに口をついて出た言葉だったが、目は笑っていなかった。澤井(良輔)は千葉・銚子商の内野手で、センバツを前に注目を集めていたスラッガーのひとりだ。のちにマリーンズへドラフト1位で入団する同い年のライバルを、オレと一緒にするなと一蹴してしまうばかりか、負けん気を隠そうともしない。福留はそんな生意気な、それでいてどこか可愛げのある高校生だった。

 そしてその言葉どおり、福留は同い年のなかの最後のひとりとして、今年もNPBのユニフォームを着ている。プロで1年でも長く、という価値観から考えれば、福留は最後まで勝ち残ったことになる。あらためて今の福留に「同い年の選手に負けたという気持ちを持ったことがないんだろうね」と問いかけてみた。すると彼はこう言った。

「持ったことがないというか、(負けたという気持ちを)持ちたくなかったんでしょうね」

 この言葉には驚かされた。