2020.11.07

石原慶幸×ジョンソンの日米最強バッテリー。
ふたりが「運命」を感じた日

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • photo by Sankei Visual

 クリス・ジョンソン(広島)はうれしそうな表情を浮かべ、昨シーズン達成したある快挙のことを思い出した。2019年9月3日、神宮球場でのヤクルト戦でジョンソンは8回を投げ2安打無失点の好投で、2年連続4度目の2ケタ勝利を達成した。

 その試合のことについて聞くと、ジョンソンは自身の快投よりも、女房役である石原慶幸が1年ぶりとなる本塁打で援護してくれたことについて話し始めた。

「 "イシ(石原)"がホームランを打ったら最高に気持ちいい。彼は8番で私は9番だからネクストバッターズサークルで楽しめました。いいエネルギーをもらってマウンドに戻ることができました」

ジョンソンが投げた試合のほとんどでマスクを被った石原慶幸 ジョンソンにとって石原は特別なチームメイトである。来日6年目のジョンソンは、これまで(11月6日現在)128試合に登板し、石原とバッテリーを組んだのは119試合。これだけでもふたりの信頼関係がいかに強い絆で結ばれているかがわかるが、ジョンソンは石原が理想の"女房"になるだろうと思った日のことをはっきりと覚えている。

 2015年3月28日、来日初登板となった広島でのヤクルト戦。1対0とリードした7回、先頭打者の山田哲人にヒットを打たれ完全試合は逃したが、1安打無四球完封の衝撃デビューを飾った。この日からバッテリーを組んだ石原との信頼物語が始まったとジョンソンは言う。

「完璧な女房だなと思いました。日本に来たばかりで、相手バッターのことはまったくわからなかったのでイシに任せるしかありませんでした。当時からすでにベテランで、相手のクセとかよく知っていました。だから、イシが出したサインどおりに投げました。すべてを彼に任せてあの結果でのスタートだったので、そこから信頼感が生まれました」

 もちろん、一方的な関係ではない。石原もまた、お互いに認め合えるバッテリーになれたのは、あの試合が大きかったと語る。

「5年前の開幕2戦目でのヤクルト戦は一番大きかったと思いますね。そこからジョンソンは僕の性格とか考えていることを知ろうとしてくれましたし、僕もジョンソンの考えていることを知りたくて、いろいろと話し合う仲になりました。お互いにリスペクトし合えているというのが一番大きかったと思います」